ハイスクールパティシエロワイヤル2019を開催!

 

8月4日、MIKASA COOKING ESSORキッチンスタジアムで、道内の高校生たちが洋菓子作りの腕を競い合う「ハイスクールパティシエロワイヤル2019」の本選大会が開催され、応募総数10校30チームのうち優秀作品として選ばれた6校8チーム(2人1組チーム)が出場しました。本選大会では、高校生たちが自ら考案したレシピにより2時間30分の制限時間内に調理し、味、見た目、調理方法、チームワークなどを競い、昨年優勝した三笠高校からも2チームが出場し、日ごろの成果を精一杯発揮していました。

結果は次のとおりです。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

【最優秀作品】真狩高等学校(チーム名 アカサカタカマサッカーズ)

□□□作品名:ビーツルージュケーキ

【優秀賞】清水高等学校(チーム名 清水高校Aチーム)

□□□作品名:十勝の雪どけ

【奨励賞】三笠高等学校(チーム名 relief「ルリエフ」)

□□□作品名:けっぱれ!道産子小豆ブッセ

【審査員特別賞】三笠高等学校(チーム名 INAKERS「イナカーズ」)

□□□作品名:まるまんまハスカップムース

【入賞】中標津農業高等学校、平取高等学校、真狩高等学校、札幌新陽高等学校

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

なお、上位4チームの作品は、コンビニエンスストアのセイコーマートで商品化され、10月に期間限定で販売されました。